幼児から小学校低学年へ。オススメの学習用ポスター 国旗、世界地図、日本地図、路線図

家庭学習

壁に学習ポスターを貼っている、というおうちはたくさんあると思います。

我が家の壁もポスターをたくさん貼っています。

壁にあるので、すぐ目に入り、知らない間に覚えてくれるからです。

これまでに購入したものや、自作したもの。

たくさんのポスターを貼ってきました。

息子たちの興味に合わせて選び、場所をしょっちゅう変えています。

そんなポスター大好きな私が、これまでに貼ってよかったと思う

オススメを紹介します。

ふりがな付き鉄道路線図

[itemlink post_id=”2273″]

これを貼った目的は、

漢字に興味をもってもらうため。

です。

小1長男、大好きな電車にかんすることで、

たくさんの漢字に触れてほしい!という想いです。

すべての駅が細かく描かれている路線図で

すべてふりがな付きのポスターって、なかなか、ない!

これで一気に漢字が読めるようになりました。

世界地図&国旗ポスター

[itemlink post_id=”2071″]

これを貼った目的は、国旗と国名と国の場所を知ってほしいから。

世界地図に国旗が載っているポスターって、たっくさんあるのだけど、

ほとんどが、世界地図のまわりにずらーっと国旗がならんでいる。

それだと、国名と国の位置はリンクできる。

国旗と国名はリンクできる。

でも、国旗と国の位置がリンクされない。

ずっと探していて、やっとみつけたのです。

国の位置に、国旗が載っているものを!

これだと、国の位置、国名、国旗が一気につながるのです!

世界地図にたくさんの国旗を載せたら、ぐっちゃぐちゃになるんだろうけど、

これは本当にうまくまとめられていて、

とても気に入っています。

ちなみに、我が家にはこれもあります。

[itemlink post_id=”2070″]

これも、国名、国旗、国の位置が一気にわかります。

ちなみに、次男は4歳ですべての国旗と国名を覚え、

国旗検定4級に合格しました。

http://m316.jp/archives/1586

学べる日本地図

[itemlink post_id=”2277″]

一枚のポスターによくこれだけたくさんの情報をまとめたなぁと思います。

県庁所在地、山地山脈、河川、平野、盆地、空港、駅、特産物。

たくさんの情報がありすぎて、どうかなって思ったのですが、

このポスターのよいところは、

ホワイトボード用のペンで

描いたり消したりできるのです。

だから、今覚えてほしいところにマーカーで印をして目立たせたり、

することができるのです。

立体日本地図カレンダー

[itemlink post_id=”2188″]

これは、SNSでも大人気ですね。

そこでこれ、絶対おすすめです。

学校でこれ全員に配ればいいのに、と思うほどおすすめです。

とにかく触りまくればいいのです。

あれ、この辺り、全然山がないね。

平野なのか。

だから人が集まって都市ができたのか!とか

こっちは雪がすごく降るのに、こっちは穏やかな気候。

あぁ、間に大きな山があるからかぁ。とか。

この辺り、今年も夏の気温が高くてニュースになっていたな、

あぁ、山に囲まれた盆地なのか。とか。

新幹線ってどのあたりを走っているのだっけ?とか。

あぁ、山を避けて平地を走っているんだね。とか。

リビングの子供の目に入るところに、手の届くところに、

貼っておけば、いろんなことに気が付けます。

平面より立体。情報量が一気に増えます。

本当におすすめです。

栄光ゼミナールの学習ポスター

[itemlink post_id=”2275″]

たくさん入っている、ポスターブックです。

国語、算数、理科、社会、英語の34種類詰まっています。

大手の学習塾が監修しているので、内容はよく練られているなぁと思います。

裏表印刷なので、貼ってしまうと、裏が見えないのがちょっと残念です。

でも、コスパは抜群だと思います。