国立大卒理系専業主婦の子育て日記

東京で5歳(2013年うまれ♂)と3歳(2015年うまれ♂)のちょっと理系な子育てをしている国立大卒理系専業主婦の日記。趣味は走ること。

子育て中の専業主婦がランニングをはじめたきっかけ

skeeze / Pixabay

長男を妊娠してから、次男が2歳になるまでの約5年間、ほとんど無趣味でただひたすら一生懸命子育てをしていた気がする。

長男4歳、次男2歳になった頃が、たぶん、わたしの人生の中で結構つらい時期だったと思う。その頃、とにかく子供達と少し離れて、ひとりになる時間がほしいと強く思っていた気がする。

わたしが走り始めたのはちょうどその頃。2017年7月。

2歳になった次男が夜泣きをすることなく朝までぶっ通しで寝れるようになって、私もしっかり朝まで眠れる日が増えてきた。ずっと睡眠不足でぼんやりしていたのに、しっかり眠れると体が楽になってきて、何か始めたくなってきていたちょうどそんな頃。

新しいことにチャレンジをするには、ちょうどよいタイミングだった。

■■■■■

ある日、子どもたちが寝たあと、外に出て、なぜか走り始めた。

本当に、本当に、その日の朝までいつもと同じ毎日で、
まさかその日の夜に走り始めるなんて全く思っていなかったけど、

なぜかいきなり走ってみた。

学生の頃履いていたよくわからないスニーカーと、よくわからないジャージで。

でも、子どもと一緒に、ではなく、
ベビーカーを押さず、抱っこもせず、

たったひとりで、自分の好きな速さで進む、
それだけで最高だった!

■■■■■

ランニングを始める数カ月前、働きながら育児はできないと会社を辞めて、キャリアを一旦諦め、専業主婦になった。

一旦専業主婦になるって自分で決めたけど、
大学院まで行って、行きたかった会社でずっとがんばっていたのに、なぜ専業主婦になったの?ってめっちゃくちゃ聞かれて、何度も驚かれて。

その時、目立たない人生になった気がして、かなり落ち込んだ。

■■■■■

でも、ランニングをはじめて、挑戦とか、達成感とかで、また自分の人生を進められている気がして、結構ご機嫌だった。

自分の練習成果が結果につながり、過去の自分の記録にどんどん打ち勝っていくのが爽快だった。すっかり味をしめた。

そんなわけで、ここまで本格的にランニングに打ち込む予定は全くなかったのだけれども、今もますます走ることにのめり込んでいる。




ランキングサイトに登録しました。クリックで応援よろしくお願いします!
マラソン・ジョギングランキング


にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村

投稿日:2018年4月14日 更新日:

執筆者:

スポンサードリンク




国立大卒理系専業主婦です。
国立大卒、大学院修了をしたリケジョ専業主婦(32歳)が東京で男子2兄弟(5歳、3歳)のちょっと理系な子育てに奮闘しながら、フルマラソン完走を目指して走っています。

もっと詳しく見る

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。