コロナ禍で変化した我が家の教育 「英語」と「タブレット」と「絵本」

stayhome 家庭学習

新型コロナウイルス感染拡大防止のため外出自粛が続いています。

これまで当たり前だったことが、全然当たり前ではなくなってしまいました。

教育にかんしても大きく変わりました。

これまでに我が家の教育に関することで変わったのは、英語とタブレットと絵本です。

スポンサーリンク

幼児の英語教育はやっぱり必要なのか?

うちの子は中学受験頑張らせたいから、とりあえず英語は置いておこう。

と、今まではこっそり思っていました。

だけど、こんな状況になって。

世界中のオンライン講座が受け放題で、英語出来ないと学びの選択肢が激減することがわかってきて、英語さえできれば学ぶことなんていくらでもあって。

そう考えると、やはり英語はできないとお話にならない。ような気がしてきました。

小学生低学年や幼稚園児に英語教育は必要なのでしょうか。

必要といっても、何からはじめればよいのでしょうか。

子どものタブレット使用制限はどうする?

何となくダメな気がして、これまでは特別な時しか子どもにタブレット使わせてなかったのです。

一日30分程度。

だけど、「1日30分までね。」の時代が私の中で突然終わりました。

最近どんどん使わせています。

今まで図書館で借りた本をみながら折り紙を折ってたのが、YouTubeに変わったら、一気に難易度が高いの作れるようになりました。

アイロンビーズも飽きていたけれど、好きな図案をネットでどんどん探して再び熱中してやってる。Laqも。

それだけでなく、Zoomでオンライン授業を受けたり、オンライン空手教室に参加したり。

父がかえって来れない日は、Zoomでオセロしたり。

すっかり変わってしまいました、良い意味で。

図書館が休館中、どうやってたくさん読めばいいの?

我が家ではこれまで週に2回は図書館にいって、20-30冊絵本を借りて大量に読み聞かせをしてきたけれど、図書館がおやすみになってどうしようか悩んでいます。

とりあえず今家にある絵本と、少し買い足して、あとはKindle Unlimitedかなぁ。今まで知らなかったけど、絵本や児童書もたくさんあるんだなぁー。

以下全部980円で読み放題ってすごいですよね。しかも初めの30日間は無料で読み放題だし。

この辺りも利用できそうかな。

学研2020年 春の応援ライブラリー

商品一覧 | 学研2020年春の応援ライブラリー
学び成長し続ける人をサポートする電子書籍ストア
タイトルとURLをコピーしました