【Scratch初心者】超簡単!シューティングゲームを小学1年生と作ってみた。

プログラミング学習

新型コロナウイルス感染拡大防止のための休校中、小1長男とプログラミング学習を体感するためにScratchを始めました。

今日はNHKのWhy!? プログラミング を参考にしながら、超簡単なシューティングゲームを作りました。

二次元バーコード | NHK for School
NHKは、学校放送番組やウェブサイト、アーカイブス、イベントなど、学校向けのさまざまなサービスを展開しています。

簡単といっても、座標や条件分岐などの考え方も使うので、さらーっと長男には伝えました。今は理解していなくても、とりあえずOK。

できあがったのがこちら!

Scratch 超簡単シューティングゲーム

やったことはこれだけです!

  1. ボールを勝手にウロウロさせる、もし壁に当たったら跳ね返る。
  2. 猫ちゃんを →キー←キー で動かす。
  3. もし猫ちゃんにボールがぶつかったら「ニャー」という。
  4. スペースキー押したら、ロケット発射 。
  5. もしボールにロケットがぶつかったら「プィン」という。
タイトルとURLをコピーしました