(小1)Scratchのプログラミング学習から養う算数の力

プログラミング学習

新型コロナウイルス感染拡大防止のための休校中、小1の長男とScratchでプログラミング学習をはじめました。

プログラミング学習をしているうちに、小1の知らない算数の考え方がたくさんでてきます。せっかくなので、さらっと教えています。

ちなみに教材としては、こちらの本を使っています。

スポンサーリンク

正多角形を描いてみる

上で述べた本に、正多角形をかいてみようという章があって、プログラムとしては簡単だし、出力されるものもシンプルで分かりやすいのだが、プログラムを書く上で「角度」について知っていないといけない。

息子は「直角」は知っているけれど、もちろん三角形の内角の和が何度かも、多角形の外角の和が何度かも、知らない。

さらっと教えたところで理解していないだろうけど、とりあえず1回は伝えた!うん、よかった!

決めた位置(座標)に移動させる

長男
長男

6匹のネコちゃんを躍らせたいんだけど、ちゃんと一列にならんでくれない。

息子作 6匹のネコちゃんの踊るステージ

ネコちゃんをマウスでドラッグして整列させようと試みているが、キチンと一列にならんでくれない。ということなので、座標の話をしました。

真ん中が0ね。右に行くと、この辺で10。左に行くと-10だよ。 上にいくとこの辺で10で、下に行くとこの辺で-10だよ。

整列させたければ、6匹とも縦(座標)を0にすればいいよ。

https://progra.org/blog/52/
長男
長男

はいはーい!

理解はしていないようだが、一度は伝えた!

うん。よかった!

タイトルとURLをコピーしました