幼稚園年長(6歳)で、4桁の足し算・引き算が暗算でできるまで。

家庭学習

この2月と3月、(新小1) 長男の算数の目標は

4桁の足し算と引き算が「暗算」でできる

ようになること、と考えていました。

2月初旬の時点で、2桁の足し算は9割5分、引き算は7割くらい正答率でした。

「筆算」はこれまで全く教えずに、

計算を何パターンも繰り返し繰り返し、焦らず毎日約10問解いてきました。

1問ずつ考え方を声に出しながら、時にはどうやって考えたの?と、質問しながら急がず焦らずゆっくり毎日繰り返してきました。

計算で大切にしてきたのは、数字を見た時に、それがどれくらいの量があるのかイメージできること。

だから2桁の計算がまだスラスラできないころは、ピグマリオンのドット棒みたいなのをつくって、いちいち毎回足したり引いたりドットが増えたり減ったりする様子を見せてきました。

今はこのドット棒らしきものを見なくても、頭の中には浮かんでいる、または必要に応じて浮かばせることができることを期待してます。

ちなみに、我が家はピグマリオンはやってないですが、期間限定で一部無料公開しているので参考にさせてもらっています。とてもよい教材だなぁと思って見ています。

ピグマリオン無料提供学材

【家庭学習支援】無料提供学材|ピグマリオン幼児家庭学習
ピグマリオンの英才児養成専門教育を家庭で。ピグマリオン幼児教室。教えないで学ばせる。画期的な教育法
スポンサーリンク

今朝(3月30日)の計算

今朝の計算はこんなかんじ。

4桁の引き算はまだ難しそう。

3月30日 朝の計算

ちなみに、4歳次男はというと、

いつも長男がやってる計算を隣でじーっと見ているので、何も教えてないのに2桁の足し算と引き算が暗算でできるようになっていた。

31-8=?

まず3とったら28でしょ。
それから5とったら23!

数量感もあるようで、よろしい!よく出来ました!!

15+15=?

時計みたら簡単だ!15分から15分経ったら30分だから30!

次男
次男

この子の頭の中どうなってんだろ?と思うことが、よくある。よい意味で。

【追記 4月14日】

2週間後(4月14日)、4桁の引き算 すらすらとはいかないけれど、できるようになってきました!

4月14日 朝の計算
タイトルとURLをコピーしました